三線販売|沖縄三線 和於屋

大阪、京都、滋賀、福井、奈良など近畿・関西の三線専門店

名工の秀作 職人桃原栄仁

三線屋から高級三線用に依頼される特注チーガ多数

桃原栄仁

桃原 栄仁(とうばる えいじん)
1931年5月25日生まれ。南風原町にて「チィーガの桃原」を営む。
チーガとは、三線の胴の事。職人歴50年以上。チーガ制作専門工房を持ち、独自に盛嶋開鐘(むりしまけーじょー)や西平開鐘(にしんだけーじょー)の改良型チーガを開発。最盛期は沖縄県内シェアー上位にあったが、昨今は安い輸入品におされぎみである。
盛嶋開鐘の改良型を大音通し(ウーニイトゥウシ)と命名。音に余韻があり煩い客に定評がある。その他に西平開鐘の改良型、森越え通し(ムイグイ トゥウシ)の型もある。
三線屋から高級三線用にと特注製品を依頼される事、多数。命ある限り頑張る明るく気さくなおじー。ご子息は近くで琉球楽器店桃原を経営。

沖縄 三線の世界の名工たち


渡慶次道政
渡慶次道政
この名工の情報を見る
岸本尚登
岸本尚登
この名工の情報を見る
兼元盛徳
兼元盛徳
この名工の情報を見る
比屋根良紀
比屋根良紀
この名工の情報を見る
国吉真陽
国吉真陽
この名工の情報を見る
小篠敏之
小篠敏之
この名工の情報を見る


桃原栄仁
桃原栄仁
この名工の情報を見る
 
至宝の秀作はこちら
沖縄三線の世界には「名工の秀作」の名工以外に 職人暦50年以上の職人がいる。


ページの先頭へ戻る