三線販売|沖縄三線 和於屋

大阪、京都、滋賀、福井、奈良など近畿・関西の三線専門店

名工の秀作 職人湖城恵永

氏の持つ多くの技法は広く伝わり、その貢献度ははかりしれない

三線の世界の名工と称される職人たち
湖城恵永

湖城 恵永(こしろ けいえい)
1938年5月1日生まれ。湖城三味線店を営む。
職人歴は60年を超える。
1952年14才から塗りを仕事とし学び始め、 当時産業の少ない沖縄産業界で名人業を極めた漆器専門業の「紅房」で、漆塗り等各種技法を習得し技を極めた。
時代の要求に応え1964年より各種型沖縄三線の製作も開始、卓越した技法で多くの有名三線店へ技術と 製品の供給等を行っている。
沖縄で塗りは「湖城三味線店」と自他共に認められており、あらゆる技法で三線業界の要求に応じている。
また、その価格も湖城氏の人柄を反映してか、大変リーズナブルに設定してある。
そして、湖城氏の持つ多くの技法はご子息でけでなく、広く三線業界にも惜しげもなく伝承されてきた。 現在では技術継承が広く伝わり、その貢献度ははかりしれない。
湖城氏のお店「湖城三味線店」
湖城氏のお店「湖城三味線店」
湖城氏のお店「湖城三味線店」
職人暦50年以上 名工中の名工たち

 

電話0774-39-8634
ページの先頭へ戻る