三線販売|沖縄三線 和於屋

大阪、京都、滋賀、福井、奈良など近畿・関西の三線専門店

名工の秀作 職人岸本尚登

魂を込め三線界に新風を吹き込む事が生涯の使命

岸本尚登

三線の世界の名工と称される職人たち
岸本尚登(きしもと なおと)
1969年11月12日生まれ。那覇市松川にて「尚工房」を営む。
1959年に父親である吉雄氏(1935年10月10日生まれ)が、棹職人として岸本吉雄三味線店を始めてから、かれこれ50年近くになる。
そんな父親の背中を見て約13年の修行をした尚登氏。天性のセンスからか習得が非常に早く、現在では既に多くの皆様から信頼をされる職人に育った。
魂を込め、三線界に新風を吹き込む事を自分の生涯の使命とし、三線作りに対して熱く語る姿には迫力を感ぜずにはいられない。
今後の沖縄三線に大いに貢献できる存在になるであろう。
叩き上げの職人であるため、どのような型でも製作可能。30年以上の乾燥をさせた原木も多数所有し、この中から削り出したを行った棹には3万円~200万円までの価格が付けられる。
朝は8時から夕方5時までの営業時間をきっちりと守る。深酒をすると翌日の仕事に差し支えるため、日頃の自己管理には、大変な気遣いを示すと言う、まさにプロ中のプロである。

和於屋ではこの職人にお客様好みの三線のオーダーもできます
お問い合わせ・お見積りは無料です

1. まずはお客様のご要望をメールにて当店までお知らせください。
2. 当店より概算のお見積りをお客様にメールにてお知らせいたします。
3. お客様のご納得いただくまで、お電話やメールにてお打ち合わせをさせていただきます。
4. 詳細が決定次第、職人に製作依頼をいたします。
※ 製作着手前のご相談段階であれば、キャンセルしていただけますのでご安心ください。
メールには以下の項目をご記入下さい。
・ご予算 (必ずご記入下さい) ・製作する材(空白でも結構です)
・製作する型(空白でも結構です) ・依頼する職人名(空白でも結構です)

沖縄 三線の世界の名工たち


渡慶次道政
渡慶次道政
この名工の情報を見る
岸本尚登
岸本尚登
この名工の情報を見る
兼元盛徳
兼元盛徳
この名工の情報を見る
比屋根良紀
比屋根良紀
この名工の情報を見る
国吉真陽
国吉真陽
この名工の情報を見る
小篠敏之
小篠敏之
この名工の情報を見る


桃原栄仁
桃原栄仁
この名工の情報を見る
 
至宝の秀作はこちら
沖縄三線の世界には「名工の秀作」の名工以外に 職人暦50年以上の職人がいる。


ページの先頭へ戻る